だったりnanacoなど

残念な事に今の状況ではきわめて稀有な事例を抜かして切符販売店でカード払いが出来る売店なんて存在しないのです。

そういうせいでMasterCard、Diners clubなどの券を使った直接商品を買うのでないクレジットカード使用の場合はめったに現実的には利用するということはできないなのです。

それならどういう技術を駆使すれば間接クレジットが可能なのでしょうか?と言われるとそのテクニックとは昨今流行りの電子マネーといったPASMO、Webmoney、だったりnanacoなど。

実のところ、そういうものを活用して間接クレジットをやる事も出来るのです。

Edy、Webmoney、だったりSuica、nanacoなどはクレジットカードで買い付けることが可能な金券>Edy(エディ)、Webmoney、Smart Plus、だったりnanacoなどに慣れていない方々から見てみたらわけもなく面倒くさいインプレッションを持っている可能性があるかもしれないですがそういう電子マネーは普通の金券です。

JCB、MasterCard、NICOSなどの商品券と全然相違点はないものなのです。

その上それらの電子マネーという物はクレジットを利用してたやすく買い物することができることが利点だったりするのです。

これらの電子マネーという物はこの頃オンラインゲームの支払い始めとして、改札やいろいろなお店なんかであっても活用可能になってきているようだ。

「当売店においてはクレジットはご使用になる事はできません」といった感じで注意されているような売店での支払いでもPASMO、iD、Smart Plus、だったりSuica(スイカ)、VISA Touch、nanacoなどを使うなら利用できる実例がいっぱいあるのです(ローンポイントが確実に貯められる)。

要約するとクレジットカードが使えない売店であっても直接的でなくクレジットを活用する方法で、カードポイントだけ得してもらおうというテクニックです。

通常、たくさんの買い物を楽しんでいるのみではつかないカードポイントなので必ず利用してほしいです。

Link

Copyright © 1996 www.dontrailroadus.com All Rights Reserved.