屋上の外壁防水工事とは、建物の中に雨水などの進入を防ぐ工事で、その工法にはウレタン防水工事を始め様々な種類があります。
ウレタン防水工事は、やり易い工法の一つで防水工法の主流となっています。
メリットは工期が短くすみコストが低い面や、様々な下地に対応ができ廃材がでないという点です。
やり方としては、ウレタン塗料を流しこみコテで広げるだけなので簡単な作業で終わります。
デメリットは、塗る人の技術によって塗りムラがでたり、工事の不備がわかりにくいという点があります。
ウレタン塗料を均一に塗るのが難しいので、しっかり均一にしないと劣化の原因になる為、工法が簡単ではありますがしっかりとした業者選びが大切となります。
屋上の外壁塗装をウレタン防水にする時、注意する点として、主剤と硬化剤を混ぜてからの使える時間が短い為、使う分だけその都度作ることがポイントです。
沢山一度に作ると固まってしまい使えなくなるので、あらかじめ全体を把握して使う量を計算しておくのが大切です。
ウレタン塗料は防水効果が強いですが、紫外線に弱くその影響による劣化を防ぐ為、ウレタン塗料の上から紫外線に強いトップコートを塗る必要があります。
業者によっては、この作業を正確に行なわないケースもあるので、事前に確認しておくのが大切です。

屋上外壁をウレタン防水工事するメリットとデメリットについて詳しいことを知りたい人はこちら↓↓↓
外壁 屋上 ウレタン防水

関連記事